【メルマガ限定プレゼント】オンライン起業で時間とお金から自由になる方法

現実から全力で逃げ続けた結果…

こんばんは。ノジーです。

逃げることを否定する人は多いです。

すぐに逃げるなんて臆病者だ。
最近の若者は気合が足りない。
そんな奴は何をやっても成功できない。

特に僕らの生きる日本社会では
『逃げ』が悪事のように扱われ、
逃げた奴は犯罪者のように叩かれがちです。

でも本当に『逃げること』は
悪いことなんでしょうか?

少なくとも僕は、
辛かった会社員時代から逃げ出して
ネットビジネスに取り組むようになって
豊かな日々を手に入れることができました。

化粧品で有名なカネボウは、
元々は紡績業を営む会社でした。

しかし、

紡績業自体が落ち目になるのを見越し、
自社が保有していた技術力を
化粧品の分野に活用することで
見事に生き残りに成功しました。

関ヶ原の戦いで、
敵陣の中央を突破して逃げた
島津軍は後世に残る伝説になってます。

しかもそれが故に島津は生き残り、
約270年後に徳川の時代を終わらせるので
本当に面白い話だと思います。

まぁ島津軍の場合は、
徳川の本陣を突破した勇猛さから
ネガティブな印象がつきにくいんでしょうが。

まぁそんなこと言ったら、
僕だって直属の課長と部長に対して
正々堂々と辞表を出すという
正面突破での撤退をしてるんですけどね。

僕も島津軍同様に
賞賛を浴びるにふさわしい
逃げ姿を見せてるはずなのですが…笑

冗談ばかり言っていても仕方ないので、
話を本題に戻させていただきますと、

最も真剣に考えなくちゃいけないのは、
人生をマクロで見たときの成功です。

『最終的な幸せ』のために
逃げなきゃいけない場面があるなら、
僕は普通に逃げなきゃいけないと思います。

例えばドラクエのようなRPGだって
ボス戦を間近に控えた状況だったら、
HPやMPを消耗しないために
目の前の雑魚はスルーしていくでしょう。

野球の試合だって、
最終的にゲームに勝つために、
強打者を敬遠することはあるでしょう。

もし変なプライドや世間体を気にして、
目の前の戦い全てに立ち向かってたら、
最終的な勝利を目の前に倒れてしまいます。

カネボウは倒産し、
島津家は滅亡し、
僕だって再起不能になってたかもです。

『大局観』という言葉もありますが、
もっと僕らは視野を広くして生きるべきです。

最終的に『勝ちの人生』を手にするために
逃げ出さなきゃいけない時が今なら
本気出して逃げ出さなきゃいけないと思うんです。

簡単に逃げ出すような奴は、
何をやっても上手くいかないよ。

そういうことを言ってくる人も世の中には多いです。

しかし、

もし仮に何かから逃げ出して、
また上手くいかない奴がいたとしたら
それは全力で逃げてないだけです。

ライオンに追われたシマウマは
常に全力で逃げ続けるでしょう。

逃げることから逃げることは
すなわち死を意味してしまいます。

逃げることが悪いんじゃない。

全力で逃げないこと、
逃げることからも呆気なく
逃げてしまうことが悪い。

結局うまくいかない人は
全力で逃げてないだけなんです。

僕も会社員生活に恐怖を感じ、
ここから早く抜け出したいと思った頃、
『全力で逃げること』だけを意識してました。

会社という組織の中で自由を奪われ、
激しい混乱と頭痛に襲われる日々が続き、

『こんな生活が続いてどうなるんだろう』

そう思ったら急に怖くなった僕は、
その生活から逃げ出すことを決意しました。

その後の僕は、
理想の世界へ向かって、
ただ目の前の道を脇目も振らずに
一心不乱に駆け抜け続けました。

その走り抜けていく過程で、
ビジネスの成果も、

月収10万、20万、100万、1000万…。

と順調に伸びていきました。

いわゆる、
ブログアフィリエイトで実績を作り、
その実績を元に情報発信というルートです。

ただビジネスの成果が伸びていく中でも
僕は決して足を止めることはなく、
ただ夢中で『あの頃』から逃げ続けました。

全力で逃げることを辞めてしまうと、
また過去の辛い辛い生活に
簡単に戻ってしまう気がしたからです。

『逃げる』という言葉は
英語で『Run Away』といいます。

そして『Run Away』という言葉には、
実はもう一つ重要な意味があります。

その意味とは『楽勝』です。

逃げることが楽勝ってこと。

そう考えると、
なんだか胸がスッとしません?

何か人生に悩んでいるのなら、
今の人生が続くことに恐怖を覚えるのなら、
思い切って逃げ出してみるといい。

そしたら『楽勝な人生』が待ってるかもしれません。

もちろん、
そのためにはめっちゃ全力で
逃げないといけないですけどね。

僕も逃げ続けている最中は、
人生の全てをビジネスに捧げる気持ちで
とにかく全力で取り組んできました。

まぁ『ビジネス』ですから、
全力でやるのは当たり前なんですけどね。

ただその『全力で逃げる』先に
素晴らしい未来が待っているという
絶対的な確信を持つことができたので、
そんなに辛い思いはしなかったです。

むしろ楽しかったと言っても、
全く過言ではなかったですね…!

なぜ絶対的な確信を持てたのか。

その理由は、
信頼できるメンターに師事して、
同じ夢に向かう仲間がいる環境で
不安や迷いとは無縁で頑張れたからです。

いくら最高の環境に身を置けても、
それを信じる力を持つことができなければ
環境の力を100%引き出すことはできません。

その『信じる力』があることで、
目の前のビジネスに没頭ができる。

つまり、

逃げることから逃げ出さず、
全力で脇目も振らずに逃げ続けられる。

その結果として、
理想の未来が待っているのではないでしょうか。