【メルマガ限定プレゼント】オンライン起業で時間とお金から自由になる方法

ブログ記事のリード文(導入文)の書き方|5つのポイントを例文つきで解説

ブログを書く上で実は最も重要だと言えるのがリード文(導入文)です。

ただ、記事を書き始める時に、

  • 最初に何から書き始めていいかわからない。
  • リード文を書く時に注意した方がいいことって何だろう?
  • キーワードはできるだけ入れた方がいいって聞いたけど…

と悩んでしまうことも多いでしょう。

僕も初心者時代は記事の導入パートを書くのがとても苦手でしたが、あるコツを抑えることで、読み手の離脱率を下げるリード文を難なく書けるようになりました。

リード文の書き方が上手くなれば、読者に最後まで記事を読んでもらえるようになり、SEO効果が期待できてブログの評価が上がったり、収益性のアップにもつながっていきます。

ぜひこの記事を参考に、読者を離脱させなくて、検索エンジンからも評価されるリード文を書けるようになってください。

ブログ記事におけるリード文とは

リード文とは記事の最初に書かれている冒頭文のことです。

一般的なブログでは書き始め〜見出しや最初の目次までを指すことが多いです。

例えば、本記事におけるリード文は、

リード文の事例

本記事のリード文

この部分になります。

いわば本題に入る前の前置きのようなものですが、リード文はいつも適当に書いてしまっているというブログ実践者の方は案外多いです。

ただ、良いブログ記事を書こうと思ったら、良いリード文を書くことが必須となります。

ブログを書く上でリード文が重要な3つの理由

  • 読者の離脱を防ぐため
  • Googleは記事の序盤を重視するため
  • ブログの収益性に直結するため

この3つの理由からブログを書く上でリード文が重要となります。1つずつ見ていきましょう。

読者の離脱を防ぐため

WEBライティングには「3つのNOT」という法則がありますが、その内の1つが「NOT READ(読者は文章を読まない)」です。

ただ、大半の読者は文章の読み始め、いわゆる冒頭部分はちゃんと読んでくれる可能性が高く、リード文で「この記事を最後まで読むべき理由」をしっかりと示したり、読者に「このコンテンツは最後まで真剣に読んだ方が良さそうだな」と思ってもらうことができれば、精読率を上げることが可能となります。

読者の直帰率は検索エンジンからの評価に直結しますが、すぐにブラウザバック(戻るボタンを押されること)されたり、検索エンジンに戻って再検索されるような場合は、記事の評価が下がり、検索順位が下落する要因になってしまいます。

逆に、最後までちゃんと記事を読んでもらえたり、内部リンクで別の記事に飛んでもらえたりすると、記事の評価も上がる可能性が高くなります。

Googleは記事の序盤を重視するため

「記事の最初の方は比較的読まれやすい」ということにも関わってきますが、検索エンジンは記事の序盤に書かれている文章を評価しやすいです。

例えば、上位表示を狙ったキーワードをリード文に適切に入れることで、検索順位の向上も期待できます。

アンカーテキストやHeadingタグと比べると重要度は劣るものの、コンテンツ内のできるだけ最初の方にキーワードを使うことは、SEOにとってプラスの効果がある。可能であれば、一番最初の文章内に最適化したいキーワードを入れるようにしよう。

出典:バズ部「SEO順位に影響を与える全65項目のチェックリスト

ブログの収益性に直結するため

上2つで書いた理由から、良いリード文を書くことで、ブログ記事の離脱率低下や、検索エンジン上での上位表示にポジティブな影響を及ぼすことに繋がります。

記事を最後まで真剣に読んでもらえるようになれば、広告からの収益増や見込み客リストの獲得数増加も期待できますし、検索エンジンで上位表示されるようになれば、集客にも大きな効果が期待できます。

つまり、ブログで収益を上げたかったら、良いリード文を書くことが必要になってくるのです。

読者の離脱率を下げるリード文の3つの条件

いかにリード文で読者の離脱率を下げることが重要かお話ししてきましたが、

  • 読者に「自分ごと」として受けとってもらえる文章
  • リード文だけで記事の内容がわかる文章
  • 読者にとってのメリットが提示されている文章

この3点を抑えたリード文を書くことが離脱率低下のために重要となります。

読者に自分ごととして受け取ってもらえる文章

ブログ読者は「記事を読みたい」と思って記事を閲覧するのではなく、「自分の抱えている問題や悩みを解決したい」という気持ちから、記事を読もうとしています。

書き手の独りよがりな文章にならないように、このコンテンツがいかに読者と関係あるものなのかをまず最初に示すようにしましょう。

リード文だけで記事の内容がわかる文章

リード文を読んだだけで、記事の内容がある程度はわかるような文章が好ましいです。

すなわち、記事の要約をストレートに伝える感じです。

記事の内容を最初に伝えてしまうと読者が満足してしまって離脱してしまうのでは…と思われるかもしれませんが、その逆です。

読者は「この記事に何が書いてあるか」を事前に知ることで、安心して文章を読み進めることができますし、記事の内容がわからない先の見えない状態では特に長文記事だと読んでもらえませんからね。

読者にとってのメリットが提示されている文章

読者は「自分の抱えている問題を解決したい」とか「疑問を晴らしたい」といった、自分の未来をよりポジティブにするために「検索→発見→閲覧」という流れでブログ記事に辿り着いてます。

この記事を読むことで、読者にとってどんなメリットがあるのかをしっかり示していきましょう。

リード文に書くべき5つのこと

次にもう少し具体的に、リード文に書くべき5つの要素を見ていきます。

  • 読者の共感を得るような文章
  • ターゲットとなる読者層
  • 書き手の実績やブランディング
  • 読者がこの記事を読むべき理由
  • 記事の結論

この辺りは確実に入れるようにしましょう。

読者の共感を得るような文章

読者は何か解決したい疑問や悩みがあるなど「検索をする理由(検索意図と言います)」があって、検索をして、記事に辿り着いてきてくれます。

  • こういう悩みを抱えている人が多いですよね。
  • こういう問題によって、こういうリスクが高まりますよね。

といったように、読者の疑問や悩みを代弁したり、問題提起をしてあげます。

その際には、全て想像だけで決めるのではなく、実際に悩みを持つ人から話を聞いたり、自分の過去を思い出したり、SNSやQ&Aサイトを参考にするなどリサーチをして、よりリアリティを持たせるようにしましょう。

ターゲットとなる読者層

その記事がどんなターゲットに向けられたものなのかも、最初にしっかりと明示するようにしましょう。

有象無象のWEBコンテンツが溢れかえっている今のインターネットで、読者が本当に求めているのは「自分のために作られたコンテンツ」です。

読者はページに訪問するとまず無意識のうちに「この記事は自分のために書かれたコンテンツなのかどうか」を判別しようとします。

たくさんの人に読んでもらいたいからと言って、万人に向けられたコンテンツを作っても、結局のところ誰からも読んでもらえなくなるので、まずはターゲットをしっかり絞り、特定のターゲットの特定の悩みに対応した記事なんだということをPRするようにしましょう。

書き手の実績やブランディング

なぜ自分がこの記事を書く資格があるのかもしっかりと示すべきです。

読者は記事に触れる時「この記事は信頼できる内容なのか」を常に考えることになりますが、書き手である自分の実績やブランディングを示すことで、その不安を解消することができます。

決して嘘をついてはいけませんし、鼻につくような自慢は逆効果になりますが「自分がなぜこのテーマについて語れるのか」はちゃんと明文化してあげるといいですね。

読者がこの記事を読むべき理由

すなわち「ベネフィット」です。

  • この記事を読むと、どれだけ得をするか。
  • この記事を読まないと、どれだけ損をするか。

このどちらかの切り口で(あるいは両方セットで)、読者がこの記事を読むべき理由を示すことができます。

過剰宣伝になってしまい、リード文で約束している内容と記事の内容があまりにも乖離してしまうと、読者からの信頼を失ってしまいますが、そうならない範囲で「読者にどんな価値を提供できるか」を具体的に示すようにしましょう。

記事の結論

文脈的に記すのが難しい場合は割愛しても構いませんが、記事で示している結論を違和感なくリード文に織り交ぜられるようであれば、結論を提示するようにしましょう。

例えば「英語をゼロから勉強し直したい若手社会人」に向けた記事を書くならば、「この記事では効率の良い英語の勉強の仕方を解説します」だけでなく「効率が良い勉強方法は、まず最初に○○から始めることです」と断言してあげるといいです。

読者は「それってどういうこと?」と具体的な情報を知りたいというモードで記事を読んでくれるので、より具体的な主張や、その主張を裏付ける根拠を本文で示していくといいですね。

リード文の具体例

それでは、ここまでお伝えしたリード文の書き方のルールに沿って、実例を書いてみます。

  • ブログを始めたけど全然結果が出ない…
  • ブログで稼げている人と自分にはどんな違いがあるのだろう?
  • 自分なりに勉強して頑張っているのに結果が出ないのはどうして?

 

ブログを独学で実践している初心者の方から「頑張ってるのに稼げない」というお悩みをたくさんいただきますが、実際に話を聞くと、そのほとんどの方が、とある過ちに陥ってしまっているケースは本当に多いです。

 

その過ちとは「基本的なSEO対策ができていない」ことです。

 

私は今でこそ1つのブログから毎月100万円以上の収入を安定して得られていますが、最初の1年は間違ったSEO対策をしていたせいで、ほとんど結果を出すことができませんでした。

 

今回の記事では、その経験から「初心者が知っておくべき最低限のSEO対策」について厳選してお伝えしていきます。

 

この記事を読むことで、余計な時間や無駄な労力をかけてしまい、ブログ運営に挫折するリスクを避けることができます。

 

ぜひこの記事を参考に、必要最低限のSEO対策を見直してみてください!

記事の内容や狙うキーワード次第で書き方も変わってきますが、割とどんなジャンルの内容にも応用できる流れではないでしょうか。

ブログは本来、自由に書けばいいものですし、読者に「この記事、読んでみようかな」と思ってくれるようなら、どんな流れでも型でも良いものです。

ただ「そうは言っても、書き方がよくわからないし手が止まってしまう…」という場合は、

  • 読者の共感を得るような文章
  • ターゲットとなる読者層
  • 書き手の実績やブランディング
  • 読者がこの記事を読むべき理由
  • 記事の結論

ぜひ、これらの要素を踏まえたリード文のテンプレートとして具体例の流れをご活用ください。

リード文についてよくある質問

ここからはリード文についてよく頂く質問についてまとめていきます。

キーワードはどれくらい入れるべき?

上でも書きましたが、記事の序文はSEO的にもかなり重視されるポイントです。

記事の書き出しの一文をはじめ、できるだけリード文の中でも前半部分を中心に複数回、上位表示させたいキーワードを使用していきたいです。

ただ、不自然なくらいキーワードを盛り込んでしまうと、Googleからの評価的にも悪影響となります。あくまで自然に文中にてキーワードを入れるようにしましょう。

共起語も入れた方がいいの?

Googleは共起語(特定のキーワードと関連性の深い言葉)の使用率によって、コンテンツとキーワードの関連性の深さを判断すると言われています。

基本的に読者にとって親切なリード文を書けば、自ずと共起語も文中に含まれることになるので、文章が不自然になるリスクを考慮して、そこまで大きくは意識しなくて良いでしょう。

ただ記事を投稿して数ヶ月経っても上位表示されないような場合は、テコ入れとして、他のライバル記事がリード文に使用している単語をリサーチして、自分のページにもできる範囲で反映させるような試みはしてみるといいですね。

記事の最初に自己紹介は必要?

よくブロガーさんの記事を読んでいると、

こんにちは。○○(@Twitterのアカウント)です。

といった自己紹介から始まる記事が目につきますが、SEOのことを考えたら、記事の冒頭はその記事で狙っているキーワードから始める方が好ましいです。

また読者次第ではありますが、何か問題解決したい読者にとって「こんにちは」という一文が、読者にとって親切な出だしかというと、そこも疑問が感じられます。

ただ、Twitterのアカウントを載せる事で、SNSでも読者と繋がり、指名検索を増やす事で、検索流入を増やそうという意図も理解はできます。

そのため、キーワードをうまく活用しながら

「==(キーワード)がマイブームの○○(@Twitterのアカウント)です。」

といったように書くか、SNSへ誘導したいなら記事下やサイドバーにプロフィールボックスを配置したり、記事本文内にて記事内容に関連した自身のツイートを埋め込んであげると良いでしょう。

注意

最近では、記事内容と直接的に関係がないコンテンツへの発リンクはSEO的な評価に悪影響が及ぶという意見も見られます。

また記事冒頭部分がSEO的に評価の対象となりやすい部分であることも考慮して、書き出しに何を書くかを判断していくといいですね。

リード文は何文字くらいが妥当?

明確な決まりはありませんし、記事の内容によって変わってきます。

ただ、あくまで記事の主役は本文ですし、リード文は本文を読んでもらうためのアシスト役です。

どれだけ長くても500文字以内には抑えたいところです。

内部リンクは入れてもいいの?

関連性のある記事、読者のためになる可能性が高い記事なら入れてあげても良いでしょう。

ブログリード文中の内部リンクの例

リード文中の内部リンク例

あまり過剰に入れすぎても読者からするとノイズになってしまうので、あくまで「読者の気持ちに立って考える」ことを徹底していきましょう。

良いブログ記事を書くためにもリード文は重要!

ということで、今回はブログにおけるリード文の書き方についてご紹介しましたが、

  • 読者にちゃんと記事を読んでもらうため
  • 検索結果で上位表示させるため

どちらの視点からもリード文は非常に重要です。

もし記事をリード文から書き始める場合でも、最後まで記事本文を書き終えた後は必ずリード文に戻ってきてあげて「このリード文は記事の魅力を適切に表現できているだろうか」とチェックをしてあげましょう。

ぜひブログ運営の参考にしてみてください!

PC1台でゼロから収入源を作る思考やノウハウが学べる!会社に依存しない働き方を作るメールマガジン
無料登録はコチラ
PC1台で会社に依存しない働き方を叶える無料メルマガ
詳細はコチラ