収入が増えれば人は幸せになれるのか問題について

こんばんは!

最近、虹プロにハマってるノジーです。
明日の正式メンバー発表が今から待ち切れません…!

さて、本題ですが、

先日、起業して多い月だと100万円ほど
収益が出ている友人と飲んでいる時、

「お金を稼げば人は幸せになれるのか?」

という質問をされました。

正直なところ「人によりけり」というか、
完全にケースバイケースでしかない話で、

あんまり幸せそうじゃない
お金持ちだってたくさんいるでしょうし、

お金がそんなになくても、
充実した日々を送ってる人もたくさんいます。

お金を稼げば無条件で幸せになれるなんて
さすがに短絡的すぎると思いますし、
お金が人生の全てじゃないのも確かでしょう。

僕自身でいうと今年で独立起業して
法人化して丸5年が経とうとしていまして、
1年目と比べると年商も5倍くらいになってます。

ただ、

大学卒業して会社員になってからすぐに、
副業に没頭するようになったこともあって、
金銭感覚は大学4年生の時から、
そこまで大きく変わってないんですよね。

音楽を聴きながら珈琲を飲んで、
たまに映画とか小説とかマンガに触れて、
時々仲間と集まってお酒を飲む…

こういうことができれば、
僕は十分すぎるくらいに幸せです。

だから起業して1年目の頃と、
今現在の幸福度を比較してみると、
多分そこまで変わっていません。

起業(特にインターネットビジネス)の世界では
短期間のうちに収入が5倍とか10倍になるのって
割とよくある話ではありますが、

収入が5倍になったからといって、
5倍幸せになれるかというと、
それは完全に別問題と言っていいのでしょう。

でも、

収入が増えることで、
幸せになるための選択肢を増やせる

というのもまた事実ではないかなーと。

些細なことでいうと、
ランチで1000円を超えても気にしなくなったり、

夏フェスとかに行くときも、
ちょっと良いホテルに泊まれるようになったり、

爽やスーパーカップじゃなくて、
ハーゲンダッツを買えるようになったり、

家賃を気にしないで住みたい家に住んだり
乗りたい車に自由に乗れるようになったり、

家族や友人が困っているときに、
いつでも助けてあげられる自分になれたり、

そういった選択肢が増えることで、
心の余裕が生まれたりもしますし、
自分の心が満たされていると、
人間関係だって良くなったりしますよね。

逆に自分に余裕がないときに、
人に優しくできるかというと、

うーん…!

ちょっと僕なら自信がないですね。

以前、確か宝くじのCMで
こんなセリフがありました。

「お金が全てじゃないって
お金持ちになって言ってみたい。」

まぁよくありがちなセリフです。

確かにお金が全てじゃないんですけど、
全てじゃないからこそ、
お金を稼げるようになってもいいと思うんですよね。

それに加えて、
その過程で「お金」以外の色んな資産も
手に入れることができやすくなります。

例えば、スキルだったり、
あるいは思考力やメンタルの強さだったり、
他にも人脈なんかもそうですよね。

お金を稼ぐ過程で色んなスキルが身につき、
自信もどんどん高まっていくことで、
もっともっと自分のことが好きになる。

その結果、幸せになるみたいな。

そういったことを考慮すると、
少なくとも「自分でビジネスをする」という
選択肢は持っておいた方が良くないですか?

特にコロナの件もあって、
普通に大企業で働くことができていても
将来が不安という人も増えてきましたし、

一時期的にリモート化が進んだことで、
既存の働き方に疑問を持つ人も増えたと聞きます。

今までは当たり前だったものが
一夜にして当たり前ではなくなったことで
もっと自分の生きたい人生を生きなければ!と
人生観が激変した人もたくさんいるそうです。

1つの会社に雇われるという選択肢しか
持たない人生ってかなりリスクが高いですし、

収入の上限も、働く時間も、
働く場所も住む場所も、休日も、
働く時の髪型や服装も、

全て会社の決めたルールの中で、
選ばないといけないというのも、
ちょっと面白くないですよね。

僕は新卒で入った会社が、
生活インフラに関わる会社だったので、
土日も普通に出勤することがありましたし、
3連休という概念は存在しませんでした。

配属されたばかりの頃は、
上司の温情もあって、
7月の3連休を取ることができましたが、
その時に先輩から言われた、

これからの40年で最後の3連休だな!

という言葉が頭から離れませんでした。

確かにそういう仕事をしている人がいて
この世の中が成り立っているわけですし、
そこをバカにするわけではありません。

その会社にESを出して面接を受けて、
志望動機を語ったのも他ならぬ僕自身です。

ただ、

やっぱり「入ってからやっぱり違うと思う」って
普通に今の就活システムでは良くあることですし、

そもそも今から振り返ってみても、
3連休を犠牲にしてまでやっていた仕事は、
絶対にやらなくてはいけない業務のようには
到底思えないような類のものでした。

そのうち余裕でAIに取って代わられるでしょうが、
古い体質の会社なので数10年単位で先になるでしょう…。

一般的な会社員の場合は、

厳しい大学受験戦争を潜り抜けて、
3年後には就活戦線を乗り越えて、
何100人単位の優秀な同期の中でも
しっかりと結果を残して頭一つ抜け、

そういう厳しい競争を勝ち抜いた末に、

年収1000万円で年2回のボーナス。
週休2日で有給取得率は50%ほど。
残業は月に20時間ほど。
定年後は退職金で豊かな老後ライフ。

という未来が待っているとされますが、
それはあくまで理想上での話。

これが実現できる人はほんの一握りですし、
これから先の未来はもっと下がる可能性も
全然否定はできない状況ですよね。

だったら、

そういうシステムの中で勝負するんじゃなく、
自分でビジネスをやってみて、

自由度の高いライフスタイルを送るのも
普通に選択肢としてアリじゃないでしょうか。

湘南に住んで毎日海の近くへ散歩へ行く。
世界を旅しながらPC1台でビジネスをする。
海外サッカーの時間に合わせて仕事をする。
1日3時間だけ働いてあとは好きなことをやる。

こういう人は周りにもたくさんいますし、
例えば、最近でもコンサル生のJuriさんが
月収400万円を達成されました。

コミュニティでも大盛り上がりでしたが、
個人規模でビジネスをやっている人でも、
こういう結果は当たり前のように出ています。

もちろん「誰でも簡単に」なんて
絶対にありえないですし、
前提にあるのはいつも「自己成長」です。

一時的に頑張る必要は当然ありますし、
思考力やスキルを伸ばすために、
日々勉強を重ねる必要もありますよね。

ただ、

その結果として
経済的にも時間的にも自由になれたり、
人生の主導権を握れるようになるなら、

長い人生のほんの一部を、
理想のために頑張る期間にして、
ひたすら没頭する価値って
めちゃくちゃあるんじゃないかと。

それに自分でビジネスをやるのって
ロールプレイングゲームみたいで、
最高に楽しいものだったりします。

はたらくことが好きになる。

会社員時代の自分にとって、
それは何よりもうらやましくて、
実現困難に思えたことでした。

最初はスキルも持っていないし、
能力値も低くひとりぼっちですけど、
頑張って実践を重ねるうちに、
色んなスキルが身につくようになります。

そのスキルを活かして、
新しい職種を手にすることができたり,

職種と職種を掛け合わせることで、
新しい職種に就くこともできたり。

旅をする過程で仲間とも出会えて、
更に実践を重ねていくことで、
次第に売上もどんどん伸びていきます。

お金を稼いだからといって
幸せになれるわけではないとか。

完全に自由になっても
それはそれで退屈だよとか。

色んな意見が世の中にはありますが、

それらは全部、
お金を稼いだり自由になってから、
考えればいい問題なんじゃないかと思います。

お金と時間に余裕が生まれれば、
それだけ人生に選択肢が生まれます。

まずは選択肢を増やすこと、

そのための手段として、
自分でビジネスをするっていうのは、
かなり合理的なアプローチになるはずです。

それでは!

P.S.

ここ最近のコンサル希望のお問い合わせが
すごいことになっています。

・既に物販で実績があって情報発信をしていきたい方
(→ガンガンステップアップしよう!)

・ブログを始めたばかりで収益化が進んでいない方
(→最初の一歩を踏み出したのはすごい!)

・これから新しく自分でビジネスをしてみたい方
(→その初心をずっと大事にしましょう!)

・3年前までコンサルを受けられていた方
(→お久しぶりです!またお会いできて嬉しいです!)

などなど。

ここで紹介するとキリがないくらいですが、
来週から新しいコミュニティのご案内をしていきます。

かなり気合が入った企画になってますので、
ぜひお楽しみにお待ちくださいね!

P.P.S.

来期のコミュニティも今期の1年と同様に、
YUMEさんと一緒にやります。

YUMEさんのサイト
https://pj-freedom.com/

YUMEさんは元々は僕のコンサル生ですが、
それ以前には外資の広告代理店で、
10年以上も大手企業の広告マーケティングを
担当してこられたその道のプロです。

個人ビジネスに企業レベルの
マーケティングを。

これが僕たちの大きな強みの1つです。

目次
閉じる