「ブログの記事ネタがない」を解消する方法!ネタ切れとは無縁の探し方を解説

ブログ

「ブログに書く記事ネタがないんです…!」、「ブログを続けてきたんだけど、そろそろネタ切れで…」、「ブログの記事ネタの探し方を教えてください…」

こんな悲痛な叫びで苦しんでいるブロガーの方を多く目にしてきましたが、特にブログ初心者の場合は「ネタ」に悩むことが多いのではないでしょうか。

僕の場合は当サイトを含めて、複数個の雑記的なブログからジャンル特化型のブログを持っていますが、書くネタがなさすぎて困ったという経験は未だかつてありませんし、今後もそんな悩みを抱えることには多分ならないでしょう。

むしろ「書くネタがありすぎて困った」という真逆の悩みのほうが深刻なくらいです。

この記事では「記事ネタがない」という悩みはどこから生まれがちなのかを解説した後で、実際にネタ切れとは無縁になるような記事ネタの探し方を解説していきます。

なぜブログ記事のネタ切れが起きるのか?

そもそもブログ記事のネタ切れはなぜ起こるのでしょうか。

「アンテナの感度が低いから」、「自分の気持ちの問題」などなど色んな理由が考えられるかもしれませんが、僕は最大の要因を「ブログの定義の問題」なのかなと考えています。

ブログの記事ネタがないことに悩んでいる方のブログを見ていると「自分の主義主張を語る場所」とか「自分の言いたいことを言う場所」、「自分の日常を切り取る場所」としてブログを捉えているような印象を受けます。

いわば「ブログ=日記」のような感じですね。

そうなるとブログの記事ネタも自分の内側から湧き出てくるものに限定されるわけで、「そんなにたくさん自分の中からネタなんか出てくるのか」って話になってしまいます。

ブログの記事ネタに悩んでいない人は、自分の外側の世界から刺激を受けてそれをネタにしたり、「誰か困っている人や悩んでいる人のニーズやウォンツに対するアンサー」としてブログ記事を書いている傾向にあります。

そもそも芸能人でもなんでもない人の日記ブログなんて誰からも読まれません。

誰かの為になるブログや誰かの悩みを解決するブログ。すなわち「外向きに価値提供をするブログ」を作ろうと思えば、必然的に「何を書くべきか」が見えてきやすくなります。

ブログを運営する目的から逆算しよう

ブログ

そもそも「ブログ」と言っても色んなジャンルのブログがあるし、その目的も人によって様々です。

世の中に対して問題提起をしたいブログ、趣味として運営したいブログ、自分の仕事の集客のためのブログ、ただ稼ぐためのブログ。

「ブログの記事ネタがない」ことに悩む人の多くは、おそらく「なんとなくブログをやってみようと思った」とか「とりあえずブロガーって面白そうだと思った」といったように、ブログを運営する目的意識が漠然としている傾向にあるのではないでしょうか。

目的意識がハッキリしている人は、ブログ記事のネタ切れでは滅多に悩みません。

例えば「ただ稼ぎたい」と思ってブログをやっている人は、検索ボリュームの大きいキーワードや、特定のアフィリエイト案件で成約するためのキーワードで上位表示をさせればいいわけですから、その狙い方で悩むことはあっても、少なくとも「ネタがない!」という状況にはならないわけです。

また趣味でサッカーの観戦記を書いているブログなら、試合を見て感想や論評を書けばいいわけで、サッカーの試合なんか世界中で毎週何かしら行われていますよね。だからネタに困ることはそうそうないでしょう。

だから、まずは「自分が何のためにブログをやっているか」から逆算して考えてみるといいです。

誰かが既にそのネタで記事を書いていようと関係ない

ブログ記事のネタ切れで悩んでいる人で「既にそのネタは誰かが書いているから…」と言う人がいます。

ただ、「既に誰かが書いたネタを自分が書いてはいけない」こともありませんし、オリジナルな価値を作り出す方法はいくらでもあります。

例えば、

  • 自分ならではの意見を積極的に書いてみる
  • 既存の記事よりもわかりやすくまとめてみる
  • 自分の体験談を中心に構成してみる

といったような工夫はいくらでもできますよね。

あとは既に「東京都内のノマドワーカーにオススメのカフェ」という記事があったとして、そこから焦点をズラしたり掘り下げたりするのも良いですよね。

  • 東京都内は広すぎるから「丸の内」に絞ろう
  • 「電源」というキーワードを使ってみよう
  • 深夜でもやっているカフェをまとめよう
  • 東京ではなく「名古屋」でも需要があるのでは?

といったように、自分が書きたいと思った記事ネタを既に誰かが書いている場合でも、ちょっと焦点をズラすことで簡単にオリジナルな価値を作ることは可能です。

また大事なことですが、そもそもブログ運営者であるあなた自身(あるいはブログ本体)にファンができれば、別に他の人と記事ネタが被っていても「あなたが書いている」という事実が価値そのものになったりもするわけです。

だから、「誰かが既に書いているから」という理由で「記事ネタがない」と悩む必要は全くないですよ。

ネタ切れとは無縁になるブログ記事ネタの探し方

ブログ

自分が悩んだり困ったりしたことをネタにする

日々の生活の中で悩んだり困ったりした時、あなたはどんな行動を取りますか?

おそらく「インターネットで検索する」のではないでしょうか。

旅行先で会社の人にバラまけるような手頃なお土産を探している時、なぜかエアコンの冷房の効きが悪くなった時、気になるCMに出ている女優の名前が思い出せずモヤモヤしている時、Wordpressでエラーを起こしてサイトが真っ白になってしまった時、母の日に何をしようか悩んだ時。

人が検索という行動を起こすのは「困っていることや悩んでいることを解決するため」であることがほとんどです。

したがって、自分自身が悩んだり困ったりしたことがあれば、それは他の誰かも検索して解決したいと思うような、素晴らしいコンテンツになる可能性を秘めています。

コンテンツ(映画や音楽やテレビ)の感想をアウトプットする

  • 映画やテレビドラマを見たら、自分なりの感想を書く。
  • 好きなミュージシャンの新しいアルバムを聴いたりライブに行ったら、そのレビューを書く。
  • 小説やビジネス書や漫画を読んだら、自分なりの意見を交えつつ書評を書いてみる。
  • サッカーや野球が好きなら、試合の戦評を書いてみる。

僕自身も映画を見終わった後は「万引き家族 解説」などと検索して、色んな個人ブログの感想記事を読み漁ったりするのですが、人は感情を誰かと共有したい生き物なんです。

学生時代もドラマの話や恋愛観察バラエティの話、サッカーの代表戦について、好きなバンドの新譜の感想について友達と語り合った人は多いですよね。

誰かが見ているコンテンツについて自分なりの意見を交えて感想を綴ってみる。

これだけで「ネタ切れ」とは無縁ですよね。

トレンドキーワードから記事ネタを考える

アクセスを集めることを考えたら、今話題になっている(検索数やツイート数が多い)キーワードをみるといいです。検索ボリュームが大きいキーワードで検索上位表示できれば、かなりのアクセスが集まりますからね。

リアルタイム

このようにYahoo!のリアルタイム検索を活用したり。

Googleトレンド

Googleトレンドを参考にしたりするといいですね。

ただ注意すべきは、これらの単語は「今リアルタイムで検索ボリュームが伸びている」だけであって、これから先は検索需要が落ちる可能性も当然あります。

なので、実際に記事を書いた後はアクセスがさっぱり…というのも当然考えられるので「検索需要のピークはいつなのか」とか「これからこのネタの需要は上がるのか下がるのか」という視点も大切にすべきですね。

ニュースを見て次に気になることを記事ネタにする

ニュースというのは人々の興味関心をひきやすいですし、日常的な話題になりやすいです。

それにリアルタイムなどを見ていただけるとわかるように、ニュースになったことは検索数も増えやすいので、ニュースをネタ元にすることでブログのアクセスアップにも繋がります。

yahooニュース

ただ、ニュースの内容をそのまま書いても価値はないですし、単なるニュースサイトのコピペになってしまいます。

ニュースを見て自分なりに感じたことを記事にしてみたり、ニュース記事を見て「読んだ後、次に気になったこと」をネタにしていくといいですね。

例えば、上の記事なら「西野ジャパンの先発漏洩の原因となった関係者とは誰なのか」とか。(もちろん、言論の自由があるとはいえ、名誉毀損になるようなことを書くのはアウトに決まってますが)

あるいは「パラグライダー」の危険性や初心者が行く際の注意点だったり、「梅雨明け」というニュースから夏の風物詩について取り上げてみるのもいいですね。

今話題になっていることを書いても、需要のピークはすぐに過ぎ去ってしまう可能性があるので、「これから需要が伸びることは何だろう」という意識でネタを考えてみるといいです。

自分が買ったものや行った場所をレビューする

自分の体験こそ最強の記事ネタです。

自分が実際に体験したことを書くだけで価値になりますし、Googleがブログを評価するときに重視する「独自性」を簡単に出すことが可能ですからね。

僕の知り合いにも、買ったものや行った場所についてブログに書いて大きなアクセスを集め続けてる人がたくさんいます。

  • 英会話の通信講座を受けたレビュー
  • ハワイで行ったオススメのハンバーガー屋さん
  • Macbookを持ち運ぶ際のオススメのバックパック
  • 女性ファッション雑誌の付録

人は何かの購入や使用を検討するときにユーザーのリアルな声を参考にするし、実際に検索して調べる人も多いです。

何かを購入したり体験したら、ぜひそのレビュー記事を書いてあげて、AmazonやASP経由で広告を貼ってあげたりするといいですね。

ネット掲示板やSNS、知恵袋を参考にする

インターネットはネタの宝庫です。

特にネット掲示板やSNS、知恵袋のようなQ&Aサイトは「人々のリアルな声」をキャッチすることができるので、みんながどんなことを考えていて、どんなことに関心があるのかを知ることができます。

なので、普段からネットサーフィンをする機会を増やして、自分も気になったことやユーザーが気になっているであろうことを記事ネタにするのは非常に効果的です。

同業者のブログからインスピレーションを得る

自分の運営しているブログと近い属性(ジャンル)のブログを見てインスピレーションを得るのもいいですね。

もちろん、記事ネタやキーワード、タイトルの丸パクリは絶対にNGですが「こんなネタもあるんだ」と知ることで、確実にアイデアの引き出しは広がります。

またネタやタイトルだけでなく「どのような流れで広告に誘導しているのか」など、記事内部の構造なんかも分析することで、ブログ運営スキルを更に向上させることができるというわけです。

まずはしっかり同業者を分析すること。そこから始めていくと自分では気付けなかった着眼点を得ることも容易ですよ。

サジェストや虫眼鏡から検索者需要を探る

漠然と「これについて書こうかな〜」と決まっても、そこから先にどんな内容に落とし込んでいくべきかがわからないというケースもありますよね。

例えば「梅雨」について書いてみようと思っても、そこから先どうしていいかわからない。梅雨って漠然としすぎているし。

そういう時はサジェストや虫眼鏡を見て、どんな内容に需要があるのかをチェックしてみるといいですね。

「梅雨」と検索してみると、こんな結果が出ます。

ブログ,記事ネタ

これでだいぶ記事ネタの具体性が上がってきましたね。今回はこの中から「コーデ」を選んでみましょう。すると…

ブログ,記事ネタ

確かに!

梅雨になると雨が多くて、革靴は避けたいけど、白いスニーカーとかは汚れそうだしで足元のコーデにすごい悩むんだよなぁ…

ということを実際に検索してみることで気づくというか思い出すんですよね。

自分で思いついた記事ネタの抽象度が高すぎて「具体的に何を書いていいかわからない」時は、サジェストや虫眼鏡を使って、検索需要の大きな関連キーワードを探してみることで、ネタを具体的にイメージすることができますね。

まとめ:ユーザーのためになる記事を書く

こんな感じでネタを探していけば、少なくとも「ブログ記事がネタ切れ」にはならないはずですし、「ブログに書きたいネタがありすぎて困る」っていう状況にも近づけるはずです。

実際に僕も「あれを書かなきゃ」とか「これも書きたい」というものが多すぎて、全然手が回っていない状況なので。

思うに、記事ネタに困っている人は「自分の内側」ばかり見すぎているんじゃないかと。

ブログは自己表現の場であると同時に、他者貢献の場でもあります。

ぜひ、自分の外側にどんどん目を向けて「どんなネタに需要があるのだろうか」、「どんな記事を書いたら読者のためになるのだろうか」と考えを拡げていきましょう!